君を選んでくれたのは、私を選んでくれた人。

feature image

私が初めてダッフィーと一緒にディズニーシーを歩いたのは、私が22歳の誕生日の日。私の彼は毎年、私が大好きなディズニーシーに連れて行ってくれる。 ディズニーシーの中では、可愛いお洋服や帽子を付けたダッフィーたちが、沢山のゲストたちと一緒にあるいていた。ダッフィーと歩くゲストの皆は、誰もが嬉しそうに愛おしそうに、しっかりと抱きかかえていた。

read more.....

ダッフィーが結んでくれた私の最高の幸せ

feature image

私はディズニーランドでプロポーズをされました。 主人と、一度デートでディズニーランドに行きたいと思っていたので、念願かなってディズニーランドに行ったのですが、そこで思わず大喧嘩をしてしまったのです。 私はすごくテンションが下がり、かえると駄々をこね、主人はせっかく来たからと沢山遊ぼうというのですが、しばらく平行線が続き、ようやく私の機嫌も治まり、再入場する事に。

read more.....

これからダッフィーは永遠の友情の証になる

feature image

元々ディズニーのキャラクターが好きだった私ですが、最近はダッフィーに夢中になっています。 私が最初にダッフィーにハマったのは、学生の頃友達との卒業式を控えたミニ旅行でディズニーシーにいった時です。 三人の友達は学校を卒業するとなかなか会えなくなるし、そのうち一人は海外に住むので思いでづくりの旅行となりました。

read more.....